サラリーマンが副業、サイドビジネスで稼ぐ方法なら平賀正彦のサイト


2016年6月5日

副業に関する専門用語 「預金」と「貯金」

Filed under: サラリーマンの副業、サイドビジネス — admin @ 5:15 AM

副業をしている人は、それによる年間所得が20万円を超える場合は、確定申告をする義務が生じますので、そのことをまず確認しておいてください。

確定申告には、青色申告と白色申告とがありますが、いずれにしても確定申告に提出する必要書類を記入するためには、簿記に関する専門用語を理解しておく必要があります。

そのひとつ「預金」は文字通り「預金」ですが、JA(農協)やゆうちょ銀行などでは「貯金」と呼ばれています。

しかし、簿記の勘定科目に当てはめるときは「預金」として統一することになるのです。

このような事例は特殊かもしれませんが、JAやゆうちょ銀行の口座を副業専用口座にしている人もいるかと思いますので、いま一度、確認しておくことをお勧めします。

2016年2月3日

サラリーマンの副業;常識③

Filed under: サラリーマンの副業、サイドビジネス — admin @ 5:36 AM

「断る勇気」をもつことは、たしかに難しい問題です。
せっかく仕事をいただいたのに、たった1回断ったために、次から仕事をまわしてもらえなくなる……。
そう考えると、無理してでも仕事を引き受けてしまうこともあると思います。

でも、そのために本業であるサラリーマンとしての職務を果たせなくなったら大変です。
その上、子どもの病気や、縁起でもない話で恐縮ですが身内の不幸など、重なるときには重なるのです。

副業をするときには、スケジュールに余裕を持たせるように工夫しましょう。
仕事を進める中で疑問が生じたら、速やかに取引相手に連絡して解決するようにしましょう。
自分でなにもかも判断しないことで、わからないことは「聞く勇気」も必要です。

また、納品の期日はできるだけ前倒しにするよう努力して、具体的にその日を取引相手に知らせるようにしましょう。

副業は、会社勤めのサラリーマンが本業以外の貴重な時間を割いてする仕事です。
「会社」という組織の中の一員ではなく「個人事業主」になるのです。

副業をするためには「自己管理能力」が必要になります。
納品日など具体的な日を自分で設定して相手に知らせることにより、それから逆算して仕事を進めることができるのです。

仕事で信頼を得ることは、ほんとうに大変です。
ほんの些細なことが、その後の取引を大きく左右する結果になるのです。
そのことを念頭に入れて、相手に迷惑を掛けないように注意して副業をしたいものですね。

2015年12月21日

サラリーマンの副業;常識②

Filed under: サラリーマンの副業、サイドビジネス — admin @ 5:15 AM

「副業」とはいえ、仕事をさせていただいているのです。
自分の取引相手に敬意を表することは、サラリーマンにとっては常識中の常識、ビジネスの基本です。

次に、仕事の進め方についてお話させていただきます。
みなさんは、本業をもつサラリーマンですので、当然、本来の仕事に支障が出るような副業は避けるべきです。

もし、副業で体を壊して会社を休むことにでもなれば「本末転倒」ですね。
正規雇用のサラリーマンとはいえ、いつなんどきリストラになるか「一寸先は闇」です。
ですから、サラリーマンにとっての副業は、仕事や日常生活に支障をきたさないように調整しましょう。

家族を養うためとはいえ、帰宅後、ずっとパソコンの前に座りっぱなし、休日返上で副業に励んだ結果、家族との溝が深まり「一家離散の危機」になる……。
そういう悲惨な目には遭わないように、これは絶対に注意してください。

副業にはいろいろありますが、気をつけなければならないこととして、複数の仕事が重なったとき、あるいは重なる可能性が出てきたときです。

一度仕事を断ってしまうと、次から仕事がいただけないのでは……。
みなさんもサラリーマンですから、そのような経験はあると思います。
そんなときに大切なことは「断る勇気」です。

もちろん、仕事をえり好みするという意味ではありません。
副業として報酬をいただけるのですから、どんな内容の仕事であっても誠心誠意やらせていただくという気持ちが大切です。

2015年10月21日

サラリーマンの副業;常識①

Filed under: サラリーマンの副業、サイドビジネス — admin @ 11:37 AM

ここで、サラリーマンが副業をするときに注意すべき「常識」について確認したいと思います。
みなさんは、もちろんご存知とは思いますが、ふだん外部の人と接点がないサラリーマンもいらっしゃるかもしれません。
そこで、確認の意味も兼ねてお話させていただきます。
「そんなこと、分かっている!」そう言わずに、どうかお付き合いください。

仕事でパソコンを使うことは、サラリーマンの常識になっています。
また、副業の取引相手との連絡もメールが主流です。
極端な話、相手の顔も声も知らないまま取引をしていることもあるのです。

もちろん、メールでの連絡が取れていますし、会社の所在地も分かっていますから、怪しい存在ではありません。
そのような相手と提携して仕事をするのですから、最初は違和感がありました。
でも、だんだん慣れてくると、それがあたりまえになってくるから慣れは怖いですね。

最近は、携帯メールが圧倒的に多くなりました。
WEBに接続できるのですから、小さくて持ち運びが便利な携帯電話は、サラリーマンが副業をするためにも貴重な存在になっています。

ここで、確認したいことがあります。
副業でお世話になっている相手に「用件のみ」を書き送ったりしていませんか?
メールでの連絡は、最初の挨拶文は手短にするなどのルールがあります。
でも、取引先に対して挨拶もなく いきなり「用件のみ」ではあまりにも失礼です。
ところが、実際にそういうサラリーマンがいるのです。

2015年6月21日

パソコンの副業で、多くの報酬を得るためには?

Filed under: サラリーマンの副業、サイドビジネス — admin @ 5:58 PM

せっかくパソコンを使ってできる副業をみつけたのに、報酬単価を知って現実の厳しさを思い知らされました。

会社から帰ってからの貴重な時間、そして、土日を返上して取り組むパソコンの副業です。
限られた時間を使うのですから、少しでも高い報酬の仕事を選びたくなります。
でも、自分のパソコンの技術は……と考えると、パソコンの高度な技術がなければ妥協するしかありませんよね。

そこで目についたのが、「○○講座」です。
パソコンで副業をするための専門的な技術を身につけることができる「通信講座」です。
でも、その講座を受けるためには当然受講料が要ります。
それに、そこの講座を終了しても、受講料の元が取れて、それ以上の収入が望めるのでしょうか難しいところです。

なによりも、その講座の経営母体はだいじょうぶなのでしょうか?
もしかして、悪徳業者? そんな不安が頭をよぎります。
また、パソコンでできる副業を斡旋しながら、結局は仕事開始の前に「○○講座」を受けるという、そういうところもあります。

参考までに資料請求したことがありますが、相手は、ことば巧みに話しかけてきました。
こちらも仕事が欲しいから必死になりますよね。
でも、冷静になって考えたら「お金が欲しいのにお金を払う……」そんなこと、絶対おかしい話です。

もし、これを読んでくださる方の中で「パソコンでできる副業」の資料を取り寄せた経験があるなら、ちょっと冷静になって考え直したほうがいいですよ。

次ページへ »

Copyright© 2018 サラリーマンが副業、サイドビジネスで稼ぐ方法なら平賀正彦のサイトAll Rights Reserved.